アークフィール創業から、節目の10年が過ぎました事を心より感謝申し上げます。
私たちは、瞬く間に過ぎた創業からの年月の感謝と反省をもとに、
原点に立ち戻って『これから』のことを考えてみました。

社会やお客様から求められているものは何か?
それに対して、自分たちはどのように貢献できるのか。
そして、私たちが今後も成長し続ける企業になるための道標としての志は何か。

それらのことを、言葉にした「使命」と「ビジョン」を策定しました。

アークフィールの使命は
『人を、想う。空間を、創る。情報を、繋ぐ。』
になります。

そしてビジョンは
『人と企業と社会をワクワクさせるインフラカンパニー』
となります。

アークフィールの事業は、コンストラクションの技術とデザインのチカラで空間を創ります。
そしてWebマーケティングとの掛け算でビジネスモデルを構築し、情報を繋いでいきます。
それらの前に、私たちが忘れてはいけない、とても大切なことを使命の最初につけました。
それは、『人を、想う。』という言葉です。

その空間で、楽しむ「人」。
その空間で、働く「人」。
その情報で行動する「人」。
それぞれの立場での『人の想い』を
我々は他の誰よりも大切に想っていきたいと願っています。

これからも、社会やテクノロジーの進化はさらに加速していきます。
そのスピードに沿って、私たちの事業も進化し続けなければなりません。
そして、その先のイノベーションによって業界のフィールドを超えたサービスを提供し続けていきたいと考えています。

アークフィール3つの責任の中に、
「顧客の依頼には、圧倒的な真摯さとスピードをもって正確に応えなければならない。」
という一文があります。
圧倒的な真摯さを追求するという、企業としての基本的な姿勢です。
品格の高い企業風土で世の中になくてはならない成長企業を目指すと共に、
人と企業と社会をワクワクさせるインフラカンパニーを目指していきたいと考えています。